1. ホーム
  2. その他のがん・むくみ
  3. 甲状腺がん

その他のがん・むくみ

甲状腺がん


甲状腺とは

首の前、喉ぼとけのすぐ下の両側に蝶が羽根を広げたような形をしています。
  甲状腺は細胞の活動(新陳代謝)を促進し、交感神経を刺激し、成長や発達を促進します。

甲状腺がんの特徴

頚部に“しこり”を感じるだけで、痛みなどの症状はありません。

  性別:  男女比が1:5と圧倒的に女性に多い
  年齢層: 若年者から高齢者まで広い年齢層で発症します
  種類:  分化癌未分化がんに分類され、分化癌は進行が遅く、
       比較的予後は良好で癌の中でも生存率の高い癌ですが、
       未分化癌は甲状腺癌に1%の割合で起こる進行の早い癌です。

悪性の場合は手術が治療法として第一選択とされています。
   手術は腫瘍側の甲状腺を含んで約 2/3 を切除する甲状腺亜全摘術と、全て取る甲状腺全摘術
   があります。病変部分の大きさや、広がりでどちらを行なうか選択されます。また頚部リンパ節に
   転移することが多い
ため、手術の際にリンパ節を同時に摘出します。
   また放射線治療がおこなわれる事もあります。

ページのトップへ戻る