リンパ浮腫とは

リンパ浮腫の分類


原発性リンパ浮腫

 リンパ管・リンパ節ともに発育が悪いなどの理由で起こる生まれつきのもので、リンパ管の過形成・不形成によって、リンパ管の機能が上手く動かずにリンパ浮腫が起こることがあります。
妊娠や過労によって、浮腫みが引きにくくなりことがあります。


続発性リンパ浮腫

 乳がん・子宮がん・前立腺がん・大腸がん・甲状腺がん・喉頭がんなどの手術後に、リンパ節が切除または郭清(リンパ節を切除すること)されたり、放射線治療などによってリンパ管が狭窄したりするのは、閉塞した為に起こる局所的な浮腫みといえます。これは、がん治療後に多くみられる症状です。リンパ浮腫の患者様の9割以上が続発性のものです。


生理的リンパ浮腫

 健康な人であっても、肥りすぎて浮腫みやすくなったり、デスクワークや立ちっぱなしのお仕事などで、足や下半身に浮腫みがあらわれる場合があります。

 リンパ浮腫治療の為には、足または腕・顔面・頭部がなぜ浮腫むのかを理解することが大切です。
 正しく理解し、注意しさえすれば、今以上に太くならないよう管理していくことができます。 長年の症状で固くなった浮腫みも、徐々に柔らかくなり、細くなることもあります。リンパ浮腫の特徴は、"皮膚の色の変化がない"・"無痛性の浮腫み"などですが、患者様によっては様々な症状を現します。
  浮腫みは血液中の液体が血管外に染み出て(濾出)して、血管外の皮下組織に水分が過剰に貯留している状態をいいます。 乳がん手術で腋窩リンパ節を郭清したり、子宮がん手術で鼠径リンパ節の郭清術を行った際に、このリンパ節がリンパ液を集める担当部位があるため、主にその部分の担当する部位が浮腫んできます。
  生理的浮腫・リンパ液は心臓に向かって帰ってくる流れの中にあります。この流れを作る為のポンプは、筋ポンプ・関節ポンプ・呼吸による横隔膜ポンプがありますが、生活の中でこの活動が阻害された場合、機能が充分に動かず、リンパ液の排泄機能が低下することがあります。

リンパ浮腫とは

血液中の水分が血管外に濾出するなどして、血管外皮下組織に水分が過剰にたまった状態を言います。

大きく分けて、全身性のむくみと局所性のむくみがあります。

全身性

全身性浮腫には心臓性、腎性、肝臓性などがあり、その原因となる病気を治療する事が先決です。

局所性浮腫

夕方になると足がむくむと云う様な状態がありますがそれはリンパ管の機能を高める事で改善・解消する事が出来ます。

続発性・局所性リンパ浮腫

乳がん・子宮がんの手術のときリンパ節を郭清する手術を受けた場合もリンパ管の排液作用が上手く働かなくなり局所的(郭清したリンパ節の担当部位がむくんで来ることがあります。 この局所性のリンパ液の貯留状態を解消する為の治療を複合的理学療法といいます。

リンパ浮腫予防とは?

リンパ浮腫のリスクのある患者様(乳がん・子宮がん手術後の方)は、リンパ浮腫についてよく知るということが大切です。 理解する事が予防につながります。

 リンパ浮腫を完全に予防することは不可能ですが、インフルエンザの予防のために、手洗いやうがいをすることでリスクの軽減につながります。 
 乳がん・子宮がんにおいて、リンパ節の郭清手術や、放射線療法によってリンパ管が損傷する治療を受けられた方々は、リンパ浮腫のことを理解し、リンパ浮腫になりにくい生活を心がけませんか?
 心愛治療院では、リンパ浮腫をより深く理解する為に、当院オリジナル資料により説明・生活指導・計測・スキンケア・体重管理の必要性について講習を行なっております。
 さらに、様々な予防対策についてもお伝えさせていただきます。

リンパ浮腫の治療(複合的理学療法(保存的療法))

リンパ管細静脈吻合術(lymphaticovenular anastomosis: LVA):手術用の顕微鏡を用いて、皮下にあるリンパ管と細い静脈を吻合(つなぐ)ことで、貯留したリンパ液を静脈に流し、浮腫を減らす手術や、リンパ管、リンパ節移植、脂肪吸引なども形成外科における超微小血管外科手術の技術進歩によって、多くの施設で行われています。手術前後、リンパ管のリンパ液輸送機能の低下している場合は、複合的理学療法(保存的治療)を行い、リンパ管静脈吻合術前後の外科的治療の管理をするよう指導される方もおられます。現在もLVA術後、理学療法を継続しながら、弾性着衣(ストッキング・スリーブ・グローブ等)が必要かどうか検討していく必要がありますが、リンパ管輸送機能が良好な場合は、弾性着衣が不要となる場合もある。

リンパ浮腫の治療(手術療法)

リンパ管細静脈吻合術(lymphaticovenular anastomosis: LVA):手術用の顕微鏡を用いて、皮下にあるリンパ管と細い静脈を吻合(つなぐ)ことで、貯留したリンパ液を静脈に流し、浮腫を減らす手術や、リンパ管、リンパ節移植、脂肪吸引なども形成外科における超微小血管外科手術の技術進歩によって、多くの施設で行われています。手術前後、リンパ管のリンパ液輸送機能の低下している場合は、複合的理学療法(保存的治療)を行い、リンパ管静脈吻合術前後の外科的治療の管理をするよう指導される方もおられます。現在もLVA術後、理学療法を継続しながら、弾性着衣(ストッキング・スリーブ・グローブ等)が必要かどうか検討していく必要がありますが、リンパ管輸送機能が良好な場合は、弾性着衣が不要となる場合もある。


リンパ浮腫患者様の複合的治療


①リンパ浮腫治療 スキンケア

リンパ浮腫によって皮膚の乾燥が起こりやすくなります、リンパ浮腫の症状を増悪させる延焼防止の為にも、清潔にして保湿する事が必要です。

②医療徒手リンパドレナージ

がんの手術治療によりリンパ節を郭清したためにリンパ液うったいが起こっている部分のリンパ液を排液するための手技、エステで行われるリンパドレナージとは違い、行われた治療によって排液路や皮膚に対してアプローチが個々の患者様によって違いますので、当院のリンパ浮腫療法士の指導と施術を是非、経験して下さい。

③リンパ浮腫治療での圧迫

(弾性包帯の巻き方)(弾性ストッキングの着け方)

リンパ浮腫症状によって圧迫方法や圧迫の圧の選択が必要です。
リンパ浮腫によって患肢のボリュームや繊維化された部分によって包帯を巻く際、症状に合わせたスポンジ等を包帯にかませたり、ストッキング等で擦れて皮膚の損傷が起こらないように工夫が必要です。
ご来室の際、状況に合わせてご指導致しますので、ご相談下さい。

④リンパ浮腫治療での圧迫下での運動

(包帯圧迫法 弾性圧迫着衣)(包帯を巻いてする運動)

圧迫療法をより効果的に治療に生かすためには、必要な運動ですがその際、症状に合わせて、圧迫方法と共に運動方法をご指導しております。

リンパ浮腫患者様の 生活上注意点

①皮膚を清潔にして、火傷・けが・虫刺されや日焼けなどしないようにする。
②患肢を深く曲げる(正座・シャガム)姿勢にならないよう気をつける。
③浮腫みが気になったら患肢を挙上する。
④リンパ液の流れを遮るような下着・アクセサリー・服で締め付けない。
⑤長時間の高温の風呂やサウナを避ける。
⑥長時間の同じ姿勢(作業や移動中の座位など)が続く場合は運度したりや休憩を取る。
⑦過労ストレスを避ける。
⑧肥満を避ける。
⑨適度な運度をする。
⑩自分の患肢の状況を把握しておく。

ページのトップへ戻る