1. ホーム
  2. 婦人科がん治療の方へ
  3. 包帯を巻いてする運動

婦人科がん治療(治療前・治療中・治療後)の方へ

包帯を巻いてする運動

こちらのページでは弾性包帯を巻いた状態での運動を紹介をしておりますが、治療内容の紹介の一環です。弾性包帯を巻いた状態での運動は心臓に疾患がある方、血圧の高い方にとってはとても危険です。過剰な運動、既往症によっては事故の原因になります。必ず、医療リンパドレナージ協会セラピスト指導の下に行って下さい。 これを見て行うことは危険であることを十分ご承知おきください。


1.

2.

3.

4.

圧迫下運動 患者様の状況に合わせて施行致します


1.

2.

3.
ページのトップへ戻る